多摩商工

お問い合わせはこちらまで

施工事例

新築・大規模改修工事

リフォーム工事
一般外構工事
バリアフリー工事
公共・環境対策工事
会社案内
お問い合わせ
採用情報

新築現場進捗状況

東日本大震災 支援物資輸送レポート

株式会社 多摩商工
本社
東京都 西東京市 ひばりが丘北 3-5-19
営業所
東京都 西東京市 下保谷 2-1-5
TEL:042-424-2800
TEL:042-424-3301

バリアフリー工事

多摩商工 >> バリアフリー工事

日本は、今や世界有数の長寿国となっています。しかし高齢者の方は日常の動作が負担に感じられたり、転倒などの思わぬ事故に遭ったりするおそれがあります。
このため、その長い人生を住み慣れた住宅で安心して楽しむには、リフォームによりバリアフリー化を進めていくことが重要になります。

実例集

▼手すり▼段差解消▼その他▼助成制度▲ページトップ

手すり

jiturei_head

リフォーム前
photo

アプローチ

 階段一段一段の段差が大きく、昇り降りが困難な状態でした。段数を増やし一段の高さを低くし、昇降動作をより楽に。
 また、手すりを設置する事で安全に動作を行う事が可能となりました。

photo
リフォーム前

jiturei_foot
jiturei_head

リフォーム前
photo

玄関

 玄関スペースの狭い空間での移動・上がりかまちの昇り降り、等といった動作がスムーズに行えるよう連続した手すりを設置しました。

photo
リフォーム前

jiturei_foot
jiturei_head
リフォーム前
photo

廊下

 廊下などの長い距離を移動中に体勢を崩してしまった場合、つかまれるところが無い事が多くそのまま転倒してしまう危険性があります。
手すりの設置により、より容易かつスムーズに移動をする事が可能になります。

photo
リフォーム前

jiturei_foot
jiturei_head
リフォーム前
photo

階段

 階段の段差に合わせて、部材の組み合わせを行い設置致します。途中で手すりが途切れる事もなく、連続で移動出来るため安心して昇り降りを行う事が可能となります。

photo
リフォーム前

jiturei_foot
jiturei_head
リフォーム前
photo

トイレ

 腰や膝が弱くなると、便座からの立ち座りが困難となってきます。
 手すり設置により立ち座りの際の動作をサポートし、安定して行えます。

photo
リフォーム前

jiturei_foot
jiturei_head
リフォーム前
photo

トイレ

 腰や膝が弱くなると、便座からの立ち座りが困難となってきます。
 手すり設置により立ち座りの際の動作をサポートし、安定して行えます。

photo
リフォーム前

jiturei_foot
jiturei_head
リフォーム前
photo

浴室

 浴室の出入り口には10cm前後の段差がある事が多く、動作が不安定になりがちです。
 手すりなど、しっかりつかまれる所を作る事で出入りの際の昇降も容易に行えます。

photo
リフォーム前

jiturei_foot
▲手すり▼段差解消▼その他▼助成制度▲ページトップ

段差解消

jiturei_head
リフォーム前
photo

アプローチ

 敷石と地面とで凸凹状の段差があるため、移動中につまづいてしまいそのまま転倒してしまう原因となっています。
 舗装を施し、地面を平らにする事でつまづく原因は解消され安心して歩行して頂けます。

photo
リフォーム前

jiturei_foot
jiturei_head
リフォーム前
photo

居間

 部屋と廊下の間に段差があると、つまづいて転倒する原因となってしまい大変危険です。
 段差が有る部分へスロープを設置する事で段差は解消され、出入りもより容易に行う事が可能になります。

photo
リフォーム前

jiturei_foot
jiturei_head
リフォーム前
photo

トイレ

 部屋と廊下の間に段差があると、つまづいて転倒する原因となってしまい、大変危険です。
 段差を撤去することでつまづく危険性を解消し、ご安心して部屋の出入りを行えます。

photo
リフォーム前

jiturei_foot
jiturei_head
リフォーム前
浴室リフォーム前

浴室床嵩上げ

 浴室と脱衣所の間にある段差は10cmを超える場合が多く、つまづきの原因となっております。
 浴室床の嵩上げやすのこを設置することで段差を解消し、安定した出入りが可能となります。

浴室リフォーム後
リフォーム前

photo

浴室すのこ設置 リフォーム前

photo

浴室すのこ設置 リフォーム後

jiturei_foot
▲手すり▲段差解消▼その他▼助成制度▲ページトップ

その他

jiturei_head
リフォーム前
photo

昇降機

 自分の力だけでは階段昇降が困難な方などが、安心して上下階への移動を行える様に昇降機の設置も承っております。
(※住宅改修の保険対象外となってしまうため、全額自費での工事となりますのでご注意ください。)

photo
リフォーム前

photo

屋外 昇降機

photo

屋外 昇降機

jiturei_foot
jiturei_head
リフォーム前
段差解消機-リフォーム前

段差解消機

 階段や玄関の上り框などの段差がある所でもテーブル上の床を垂直に上下させ昇降移動が可能となります。
 昇降動作が困難な方でも、車椅子などに乗ったまま昇降できるので自立の促進、介護の軽減に有効です。
(※段差解消機は介護保険福祉用具貸与の対象となります。付帯工事は自治体により介護保険住宅改修の対象となる場合がありますのでお問い合わせください)

段差解消機-リフォーム後
リフォーム前

段差解消機-リフォーム後

jiturei_foot
jiturei_head
リフォーム前
photo

すべり止め(屋内−階段)

 フローリングの階段は意外と滑り易く、昇降動作の途中で足を滑らせてしまい転倒→転落となるケースもございます。また、コンクリートのスロープは特に雨天時等は滑り易くなり転倒の危険性が高くなります。
 すべり止めテープを設置する事で滑る危険性を軽減させ、安全に移動が出来るようになります。

photo
リフォーム前

photo

すべり止め(屋外) リフォーム前

photo

すべり止め(屋外) リフォーム後

jiturei_foot
jiturei_head
リフォーム前
photo

浴室扉交換(開き戸→折れ戸)

 既存扉(開き戸)では開け閉めの際に手前や後ろへ体勢をずらす必要が生じてしまうため、動作中にバランスを崩す危険性があります。
 扉を折れ戸に交換する事により、開閉も軽くなり安定して行えます。

photo
リフォーム前

photo

居室扉交換(開き戸→引戸) リフォーム前

photo

居室扉交換(開き戸→引戸)リフォーム後

jiturei_foot
jiturei_head
リフォーム前
photo

ドアノブ交換

 つかんだまま回して開けるタイプのドアノブでは手首に負担がかかり易く、また上手く回せない事も多いと思われます。
 レバーハンドルへ交換する事で、手を思うように使えない場合でも容易に扉の開け閉めを行う事が可能となります。

photo
リフォーム前

jiturei_foot
jiturei_head
リフォーム前
photo

浴槽交換

 高さも深さもある浴槽では、足を上げながら跨いで浴槽に出入りする動作が非常に困難。また、横にあるバランス釜が浴槽のスペースを奪う形となり、狭く窮屈な浴槽に…
 バランス釜を撤去・高さの低い浴槽に交換する事で、より安全な入浴を行えます。

photo
リフォーム前

jiturei_foot
jiturei_head
リフォーム前
photo

洗面台交換

 車椅子を利用されている方や、椅子などに座りながら洗面台を利用される場合、下部の棚が邪魔となり使い辛くなってしまいがちです。
 車いす対応の洗面化粧台へ交換を行う事で容易性の向上を図りました。

photo
リフォーム前

jiturei_foot
▲手すり▲段差解消▲その他▼助成制度▲ページトップ

助成制度

介護保険制度で要介護認定されている方は住宅改修やバリアフリー工事を行う場合、公的助成制度を利用できる場合があります。

内容は市区町村によって異なりますので詳しくは弊社へお問い合わせください。

介護保険の助成制度

住宅改修費の支給
【対象者】

介護保険認定で要支援1・2、要介護1〜5に認定された方

【内容】

手すりの取り付けや段差解消などの住宅改修をした際、20万円の改修費用を上限にその9割(もしくは8割)が市区町村から被保険者に対して住宅改修費が支給されます。

※市区町村へ事前に申請が必要です。

【自己負担額】

負担割合は被保険者の所得に応じて異なり、1割負担もしくは2割負担となります。

  • 例1) 負担割合1割の方:改修費用20万円の場合、自己負担額は2万円
  • 例2) 負担割合2割の方:改修費用20万円の場合、自己負担額は4万円
【支給対象となる住宅改修】
  • 1) 手すりの取付け
    ○廊下・トイレ・浴室・玄関・玄関からの道路までの通路などに設置するもの
  • 2) 段差の解消
    ○居室・廊下・トイレ・浴室・玄関などの各空間の床の段差を解消するもの
    ○玄関から道路までの通路などの段差を解消するもの
    ○敷居の撤去、スロープの設置、固定をともなう踏み台の設置、浴室の床のかさ上げなど
  • 3) 滑りの防止及び移動の円滑化等のための床又は通路面の材料の変更
    ○畳からフローリング材などへの床材の変更
    ○滑りにくい舗装材への変更など
  • 4) 引き戸等への扉の取替え
    ○扉全体の変更(開き戸を引き戸、折れ戸へ取り替える)
    ○ドアノブの変更
    ○戸車の設置など
  • 5) 洋式便器等への便器の取替え
    ○和式便器から洋式便器への取替え
  • 6) その他1)〜5)の住宅改修に付帯して必要となる住宅改修
    ○手すり取付のための壁の下地補強
    ○浴室の床段差解消(浴室の床かさ上げ)に伴う給排水設備工事など

介護保険以外の助成制度

西東京市
高齢者住宅改造費給付サービス
【対象者】

65歳以上で介護保険認定で要支援または要介護と認定され、サービスが必要と認められる方

【内容】

介護保険で対象にならない必要と認められる改造の費用が市から助成されます。

※市へ事前に申請が必要です。

改造の種類 基準単価
@浴槽の取替え及びこれに付帯して必要な給湯設備等の工事
※ユニットバス・システムバスは要相談
379,000円
A流し、洗面台の取替え及びこれに付帯して必要な給湯設備等の工事 177,000円
【自己負担額】

負担割合は利用者の所得に応じて異なります。

利用者の収入状況 負担率
生活保護世帯など 0%
その他の世帯 10%

●助成限度額(実所要額が下回る場合はその額)に利用者の負担率を乗じて得た額が利用者負担となります。

例)負担率10%の方:350,000円の工事をした場合、自己負担額は35,000円

●助成限度額を超える額については全額利用者負担となります。

▼西東京市Web-高齢者住宅改造費給付サービス

http://www.city.nishitokyo.lg.jp/kenko_hukusi/koreisyasien/zyutaku/kaizohi.html

▲手すり▲段差解消▲その他▲助成制度▲ページトップ

▲ページトップ

多摩商工